浪費や誇大妄想が見られる

悩む男性

気分が高揚してきます

双極性障害は比較的若い年代にも多い病気ですが、うつ状態と躁状態を繰り返す精神疾患です。躁状態になると気分が高揚しており、あまり睡眠や休息を取らなくても活動ができたり、誇大妄想や浪費などが見られたりするようになり、周囲の家族が変化に気付くことも多いです。躁状態が長く続くと社会生活や日常生活に支障をきたしてしまうため、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。地元で評判の高い精神神経科の病院やクリニックは、受付や電話の応対も丁寧ですし、豊富な経験のある医師や薬剤師が在籍をしています。待ち時間を短縮するために予約制の所が多いため、事前に電話などで予約を入れておくことが大事です。気分が爽快に感じたり、長時間活動をしていても疲れにくいなどの特徴があります。普段よりも雄弁になったり、無計画に高額な買い物をしたり、性欲が亢進するなどの変化が見られます。双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す病気なので、うつ状態になると無気力になったり、意欲や気力の低下が見られます。躁状態は家族でも気づきにくいケースもありますが、学校や職場などで迷惑行為などを行い、信用を失うこともあります。大変深刻な症状なので早期に発見することが大事です。双極性障害は躁状態になると、眠らなくても活動が出来るようになったり、友人や家族に時間を気にせずに連絡をしたり、浪費をしてしまい借金ができることもあります。周囲の家族や友人に迷惑が掛かることもあるため、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。双極性障害は気分安定薬や抗精神薬などが大変有効なので、精神神経科の病院やクリニックで病気を診断してもらい、内服薬を処方してもらいましょう。気分安定薬には躁状態を抑える効果があるため、毎日服用を続けることで精神的に安定してきます。双極性障害は再発がしやすい病気なので、症状が改善してきても自分の判断で薬を中断するのは避けることが大事です。基本的には通院による治療が中心になりますが、日常生活に支障をきたしていたり、介護をしている家族に大きな負担が掛かっている場合は、入院を勧められることもあります。精神神経科の病院で入院をする時は、保険証や印鑑などを準備しておく必要があります。同意書にサインをする必要があるため、必要な書類を提出すると入院の準備をしてくれます。双極性障害は朝型の規則正しい生活をすることで、辛い症状が改善することも多いため、入院治療は大変有効です。